Skip to content
あなたの肝臓をもっと健康に!

ダクルインザ市販後調査表紙.jpg

今日、他院でダクルインザ・スンベプラ併用療法中のC型慢性肝炎患者さんが39.6℃の発熱を主訴に辛そうに受診されました。

患者さんからの話では、主治医から、ダクルインザ・スンベプラ併用療法では高熱が出ないとお話しがあったようです。

はやさかクリニックでは、お一人の患者さんが、38℃代の発熱が、ダクルインザ・スンベプラ服用後に出て、他の原因が考えにくく、副作用と思われるました。

ダクルインザ・スンベプラの市販後調査書によると、頻度は少ないものの、やはり報告されているようです。

発熱された患者さんの多くは1週間ほどで解熱するようですが、中には、続いて多形紅斑が出て大変だったようです。( 下の図)

ダクルインザスンベプラ発熱.jpg

素晴らしい薬ですが、注意して服用していただきたいですね。

 トラックバック(0)

 コメント(1)

早坂 章 返信

この記事で御紹介した患者さんは主治医の先生が熱心に患者さんの診療にあたり、ダクルインザ・スンベプラ服用は中止され、熱が下がったそうです。

 コメントする