Skip to content
あなたの肝臓をもっと健康に!

PBC-800x600.jpg

健康診断の「肝機能検査」の項目でɤ-GTP(GT)が高いと指摘されると、男女を問わず、アルコールの飲みすぎかと考える方、また、アルコールは飲まないのにどうして?

と、疑問に思う方が多いようです。しかし、

ɤ-GTPの数値は

  1. 肥満・脂肪肝
  2. 薬の副作用
  3. 胆汁の流れが悪くなる病気
  4. アルコール多飲
  5. ウイルス性肝炎をはじめとする肝臓病
  6. 特徴的には「原発性胆汁性肝硬変」という病気

などで上昇します。

脂肪肝が原因の方が一番多いのですが、「原発性胆汁性肝硬変」という聞きなれない病気でも上昇します。

まれな病気と思われるかもしれませんが、意外と多く、今日も、お二人診断されました。

「原発性胆汁性肝硬変」という病気は、問診と血液検査である程度まで診断でき、GTPなどの数値をさげる治療薬もあります。

簡単なまとめを以前作りました。ご覧になっていただけますか?

GTPが高い時。是非、きちんと受診しましょうね。

 トラックバック(0)

 コメントする