Skip to content
あなたの肝臓をもっと健康に!

高濃度ビタミンC点滴によるがん治療は副作用のほとんどないがん治療として近年、注目されております。

抗がん効果の仕組みはいろいろと報告されております。 その一つには点滴された高濃度ビタミンCが体内で過酸化水素を発生し、正常細胞は無害化できますが、がん細胞は無害化できず、死滅してしまうことが知られています。

現在、いわゆる、「エビデンス」は十分にそろっていませんが、効果の恩恵を受けている患者さんが多数おられる状況です。臨床試験も多く進行中です。個別化医療が十分に行えない現状では、臨床試験の結果を待っているよりも受けていいただく価値のある治療であると考えます。

高濃度ビタミンC点滴によるがん治療.jpg

高濃度ビタミンC点滴によるがん治療については点滴療法研究会のホームページに詳しい情報が掲載されております。点滴療法研究会のホームページには各種点滴療法の情報がありますが、高濃度ビタミンC点滴については以下のページに詳しい情報が掲載されております。

  1. 高濃度ビタミンC点滴によるがん治療について
  2. 高濃度ビタミンC点滴療法に関する国内外の臨床試験と医学文献

はやさかクリニック院長 早坂章は、点滴療法研究会マスターズクラブの会員で高濃度ビタミンC点滴に関する専門的な講習を受け、認定医試験に合格した「高濃度ビタミンC点滴認定医」ですので、安心して点滴療法を受けていただけます。

高濃度ビタミンC点滴療法認定医.jpg