Skip to content
あなたの肝臓をもっと健康に!
2017年年頭の御挨拶

2017年明けましておめでとうございます。 今年は酉年で私も4月で60歳になります。 写真はスターバックスのニューイヤートリベアリスタと一緒の写真です。 勉強を怠ることなく、皆様の病気の診断・治療、また健康改善の助けとなれるように努力致します。 よろしくお願い申し上げます。

インターフェロンフリー治療薬の選び方

インターフェロンフリー治療薬の選び方を動画でまとめてみました。

インターフェロンフリー治療が効いてから5年後に肝細胞癌と診断されたC型肝炎患者さん

C型肝炎ウイルスを排除した後もインターフェロン治療後同様に画像検査と血液検査で肝臓癌が出てこないかどうか十分に注意が必要なようですね。

ダクルインザ・スンベプラ併用療法と高熱

C型慢性肝炎に対するインターフェロンフリー治療の一つ、遺伝子型1(セログループ1)の患者さんへのダクルインザ・スンベプラ併用療法でも時に高熱が出ることあります。 多くは服薬を続けても、1週間ほどで解熱するようですが、他の副作用の前触れのように発熱することもありようです。注意したいですね。

千葉県でもソバルディ・コペガス療法に対して肝炎治療助成開始

千葉県でのソバルディ・コペガス療法に対する医療費助成の申請ができるようになりました。

東京都ではソバルディ・コペガス併用療法の肝炎治療助成金制度開始

東京都ではソバルディ・コペガス併用療法の肝炎治療助成金制度が始まっているようです。 千葉県では、まだのようです。 1日も早く始まると嬉しいですね。

2018年には、すべての遺伝子型のC型肝炎を6週間で治療できる薬登場

Achillion Pharmaceuticals と Janssenが提携し、でどの遺伝子型のC型肝炎でも治療できる薬を2018年までに市場に出すというプレスリリースと、ブログ記事がありました。

ソバルディ服薬支援用資材

先月、発売となったC型慢性肝炎内服治療薬 ソバルディの服薬支援資料がギリアドサイエンシズ社から届きました。 見かけが、ちょっと変わった資料です。 今回の適応は遺伝子型 2 の患者さんにリバビリン(コ...

ダクルインザとスンベプラ併用療法の経過

インターフェロンフリーのC型慢性肝炎薬 ダクルインザとスンベプラの効果、経過は順調です。

ダクルインザ・スンベプラ治療が受けやすくなります

現在、インターフェロン治療が効かなかったか、受けられないC型慢性肝炎患者さん、(遺伝子型1bの方のみ)だけが服用できることになっていた、ダクルインザとスンベプラがインターフェロン治療暦に関係なく、服用できるようになる模様です。

インターフェロンなしの飲み薬だけでのC型慢性肝炎治療開始

C型慢性肝炎患者さんに対してのインターフェロンなしの飲み薬だけでの治療を木更津のはやさかクリニックでも開始いたしました。 ダクルインザという薬とスンベプラという薬を6か月間毎日飲んでいただく治療法です。この治療はC型慢性肝炎患者さんすべての方が受けられるわけではありません。

日本語B型肝炎ホームページ

米国にHepatitis B Foundation という団体があります。 「B型肝炎財団」と訳すのでしょうか? ホームページがあり、B型肝炎のことを中心に役立つ情報を常に発信しているサイトを持って...

テノホビル(テノゼット)の製造販売承認

とうとう、先月3月24日にB型肝炎治療用 核酸アナログ製剤 テノホビル・「テノゼット®錠300mg」(一般名:テノホビル ジソプロキシルフマル酸塩)の製造販売承認をグラクソスミスクライン社が取得しまし...

平成26年B型慢性肝炎治療ガイドライン案(熊田班)(2)

平成26年B型慢性肝炎治療ガイドライン案(熊田班)のまとめの続きです。今回は治療ガイドラインの基本指針について御紹介させていただきます。

テノフォビルの方がエンテカビルよりもHBe抗原陽性患者には効果的

B型肝炎治療薬である二つの核酸アナログ製剤、テンフォビルとエンテカビルは同程度の効果があるといわれいますが、HBe抗原陽性 HBV高ウイルス量患者さんのHBV抑制についてはテノフォビルがエンテカビルに優っているようだとの研究論文の紹介です。

平成26年B型慢性肝炎治療ガイドライン案 (熊田班)

平成26年B型慢性肝炎治療ガイドライン案(熊田班)の抜粋を御紹介させていただきます。

A型肝炎-上沼恵美子さんを襲った肝炎

A型肝炎はA型肝炎ウイルスに感染して起こる病気です。食べ物など口から感染する肝炎です。以前よりも少なくなったものの日本国内でも発生していますが、海外での発症も多い肝炎です。慢性化はしませんが、劇症肝炎という命を落とす可能性もある肝炎になることのある肝炎です。では、簡単にまとめて、感染しないように、また、あわてないようにしましょう。

急性妊娠性脂肪肝-映画「抱きしめたい-真実の物語」のヒロインが罹った病気

急性妊娠性脂肪肝は脂肪肝の一種ですが、出産が近いまたは出産時の妊婦さんを襲う、きわめて重症になる脂肪肝です。

アルコール性肝硬変-元女流棋士の林葉直子さんが陥った肝臓病

アルコール性肝硬変 元女流棋士でタレントの林葉直子が陥った肝臓病は男性にもおきますが、むしろアルコールを楽しむ成人女性が注意すべき病気です。 同じアルコール量を飲んでも女性の方が肝障害をおこしやすいことが知られています。

肝機能異常ɤ-GTPが高いと言われた時

健診でɤ-GTPが高いと言われた時は、お酒のせいだと決めつけずに、一度は肝臓専門医に相談しましょう。 いろいろな原因が見つかることがあります。

C型肝炎ウイルス感染が治ることと肝臓病が治ることは同じではないので御注意

C型肝炎ウイルスを治療で駆除できても、肝臓癌ができる可能性は残るので、治療後の定期的な画像検査(超音波検査、CT MR)は必ず長期間(少なくとも6年)は続けましょう。

ソブリアード(シメプレビル)患者さん用資料

C型慢性肝炎治療の新薬、シメプレビル (ソブリアード)に関する患者さん用資料もそろい、いよいよ開始時期です。

C型肝炎の線維化抑制動物実験に成功というニュース

理化学研究所の研究でC型肝炎の肝線維化に関わるウイルス部位が明らかになり、動物実験では肝線維化抑制にも活かせる結果がでたそうです。

ジェノタイプ1型C型慢性肝炎治療薬 「ソブリアード®カプセル100mg」製造販売承認取得

ジェノタイプ1型C型慢性肝炎*治療薬 「ソブリアード®カプセル100mg」製造販売承認取得のお知らせ

ゴールが見えた!ウイルス肝炎(日経メディカル2013年9月)

進化するC型肝炎治療、変わるB型肝炎の常識、【インタビュー】 C型肝炎は前例ウイルス排除へ B型はIFN見直す流れ(熊田博光先生)

日本肝臓学会B型肝炎C型肝炎治療ガイドライン

現在、日本肝臓学会のB型肝炎・C型肝炎治療ガイドラインが同学会のホームページからpdfファイルでダウンロード可能です。